ヨーグルトを一生懸命食べていた私

乳酸菌が身体や腸のために良いというのは誰でも理解できます。しかし、乳酸器は胃酸が苦手なので、せっかく食べても胃酸で死んじゃって効き目が出ないのではという考えを持つ人もいます。
でも実際は乳酸菌が生きて腸に達するかが重要ではなく摂取するだけで腸内の免疫機能向上に貢献して、従って身体全体の健康になってくれるのです。おなかの環境を正しく整えると肌がキレイになると知って、ヨーグルトを一生懸命食べていた私ですが、実を言うと、ヨーグルト同様に味噌や納豆といったものまで乳酸菌を含む食べ物なんだそうです。
乳製品からしか摂れないのだと思っていました。
何となくちょっと恥ずかしい思いがします。
娘のインフルエンザの予防注射に出かけました。私は怖くて目をつぶるのに、娘はまだ6歳だが、注射を見つめて注射をしています。予防接種終了後は怖かったーと話していました。

必要以上に怖いんじゃないかな?と推測しましたが、何も伝えれませんでした。屁の臭いに悩んでいる方は乳酸菌が効きます。



実はおならが臭いをもたらす原因は腸内の悪玉菌にあるとされているのです。



そんなわけで、腸内にある善玉菌を増やし、悪玉菌が増えるの、を防止する役割をする、乳酸菌を継続して摂取することで臭いを和らげることができます。便秘に効くツボで有名なのは、へそから左右に指2本分くらい離れたところに存在する天枢(てんすう)です。

他にも、おへその下5cmくらいのところにあるふっけつというツボも良いと思います。
手首にも支溝と外関(がいかん)というつぼがございます。便秘の種類によっても、効果的なツボが異なるので、時分のタイプに合ったツボを押すと改善できやすいでしょう。



乳酸菌を食べたり飲んだりすると色んな効用があります。善玉菌を数を多くして悪玉菌の数を抑え、内臓の環境をいい環境へと変えていきます。



疫力アップにつながり、たくさん健康に対する効果を得られます。

他にもアトピー性皮膚炎に対しても良い効果があったり、インフルエンザなどの感染症予防に対する効果もあります。乳酸菌は体全体の健康を促進する効果が高いと言われています。なぜ私が便秘になったのかというと、日頃の運動が足りないせいでしょう。毎日の通勤手段も車なので、歩く事もほとんどないのです。


犬でもいれば違うのでしょうがいないので、散歩に出るようなこともありません。


そういった理由で、私は便秘なのだろうと思うのです。

まず、便秘解消のためにも、ウォーキングをすることにしました。インフルエンザにかかってしまったら、とにかく栄養をしっかりと、摂らなければなりません。薬や病院ももちろん大切ですが、栄養補給も大事です。

早急にインフルエンザを治すためにも、水と食事はきちんと摂りましょう。例え丸一日、食欲がなかったとしても、消化吸収しやすく栄養満点なものをすぐに摂ってください。


この間、アトピーに効果があると言われている入浴剤をサンプルで受け取りました。どんなものでもそうですが、実際、試しに使用してみないと判断できないものです。

サンプルの入浴剤は肌によく馴染んで、思っていた通りの印象でした。しびれるような感じもありませんし、肌がつっぱるような感覚もなくて、潤いを保ちます。アトピー性皮膚炎は非常に苦しい症状になります。
暑い寒いを問わず1年中耐え難いかゆみとの闘いになります。汗をかく夏場は痒みが増し、冬場になると今度は乾燥でかゆみが増します。

その上、食べ物にもアレルギーがあることも多く、知らずに食べてしまうと、痒みだけでは収まらず腫れてしまったり、呼吸困難になる恐れもあります。





[PR]
by wjznlbfnpyvt | 2017-04-13 18:34 | Comments(0)